婚活サイトのプロフィール どこまでの嘘なら許される?

スポンサーリンク

 

こんばんは。あちこ(@achi102jp)です。

あなたは婚活サイトのプロフィールをどこまで正直に書いてますか?

全てを正直に書く必要ってあるのかな?

と、思ってしまいますよね?

 

結論から言うと・・・

基本的には「すべて正直に書いた方がいい」です。

ただ、多少の「盛り」はOKだと思います。

「ウソ」と「盛り」の違いが微妙でわからないですよね。

今日は、その点を詳しく掘り下げていきたいと思います。

マッチングできない・・・

メールを送ったけど返事が来ない・・・

プロフィールの書き方がわからない・・・

と悩んでいる人は必見です!

スポンサーリンク

なぜ、婚活サイトのプロフィールで嘘がダメなのか?

婚活サイトに登録した時に、プロフィールを入れると思いますが・・・

ほとんどの男性のプロフィールの入力の流れは以下となります。

婚活サイトに登録した男性のプロフィール訂正の流れ

① 登録時のプロフィールは適当に入れる。

早く女性と出会いたいという焦る気持ちから、早く検索して、さっさとマッチングしてメールでのやり取りをスタートさせたい。

という気持ちから、登録時のプロフィールは簡単に入力してしまいます

その時の考え方は、

「何人かにいいねやメールを送れば返事が来るだろう」

「何度かメールのやり取りを続ければ会えるだろう」

と、考えてしまっているはずです。

そして、妄想を膨らませて、すぐに彼女ができると考えちゃってます!

② 適当にいれたプロフではダメだったので、真面目にプルフィールを考える

この②の段階に行く人は少ないと考えていいと思います。

なぜなら、①の状態で「婚活サイトは出会えない」と勝手に決めつけて、婚活サイトでの婚活をあきらめてしまう人がほとんどだからです。

そして、婚活パーティーや結婚相談所に行き、多くのお金を使う人が多いです。

(※婚活パーティーや結婚相談所が悪いとは思いません。私の主観でコスパが悪いと思うだけです)

 

「いいね」を送ってもマッチングできない。

メールを送っても返事が来ない。

という状況から、プロフィールを見直して、真面目に書き直すことは非常に大切です。

その時、ほとんどの男性は「正直」にプロフィールを訂正します。

③ それでも返事が来ないから「ウソ」を書く

プロフィールを真面目に書いたのに・・・

結果が良くないという状況になってしまう場合に「ウソ」を書いたりしてプロフィールの修正を行ったりします。

ウソを書く項目は

・年齢

・体型(身長など)

・年収

・趣味や特技

・写真

などが挙げられると思います。

 

婚活サイトのプロフィールに「ウソ」を書いてしまう理由

プロフィール訂正の流れを読んで、お分かりだと思いますが、

返事が来ないことで「ウソ」を書いてしまう。

ということです。

ウソを書いて、見栄えのいいプロフィールにすることで、返事が来やすくなりますが・・・

会ってからの成功率は極端に落ちます。

仮に、ウソで騙したまま付き合えたとしても、バレた時に「別れ」が来てしまうことを覚悟しておいた方がいいでしょう。

軽いウソ(趣味など)のことなら大丈夫かもしれませんが、女性は「ウソ」を言う人という印象を持ってしまうのは間違いありません。

 

ウソを言う人=誠実ではない!

と女性から思われてしまいます。

 

それでも「ウソ」をプロフィールに書いてしまう理由は

マッチングしたい、メールのやり取りを何とかスタートさせたいという気持ちが強く、「ウソ」を書いても後で正直に話せば大丈夫だろうという気持ちから書いてしまいます。

 

私がしてしまった失敗/年齢を偽って若い人と会った結果

私も、婚活サイトで婚活をしていた初期のころに、なかなか返事がもらえず焦ってしまったことと、

若い女性(20代後半)と出会いたいと思い、私の年齢を33歳という「ウソ」のプロフィールを書いたことがあります。

男なら、若い人と出会いたいって思ってしまうのが普通です。

どうせ出会うなら、かわいくてキレイでスタイルがいい人の方がいいと思ってしまいますよね?

 

そのためには、自分のスペックも高くしなければならないと考えてしまうのは当たり前です。

だから、プロフィールだけでも高スペック男に見せれば返事がもらえると考えたのです。

 

私が書いたウソは

1.38歳の年齢を33歳にした。

2.年収を100万円上乗せした。

3.特技をできもしない「料理」にした

の3つです(笑)

結果はどうだったのか?

もちろん、年齢も若くして、年収も上げたので25歳の女性から返事がもらえました。

狙った年齢より若い女性から返事が来たので、「これはイケる!!」と思ったのを覚えています(笑)

 

メールも順調に進み、会う約束も比較的、簡単にすることができました。

しかし、私はメールをしている間、ずっと「ウソ」を言っているという罪悪感をもってやり取りをしていました。

メールでも年齢がバレないように、好きだった芸能人や聞いていた曲なんかも調べたりしていたので、非常に疲れました(笑)

 

初めて会ったときは、食事をしたのですが、その時に年齢を正直に話そうと思っていましたが、なかなか話すことができず、次のデートの約束をしました。

その時、私は「きっと許してくれるだろう」「5歳ぐらいならそんなに大したことじゃない」と思ってしました。

次に会ったときに、正直に話そうと考えて普通にメールのやり取りを続けていましたが、その間、彼女は騙されたまま、自分が希望していない年齢の男性に対して婚活という貴重な時間を使っていたのです。

 

2度目のデートの最後の方に・・・

「実は38歳なんだ。ウソ言ってごめんね」

と伝えました。

その時の彼女の顔は一生忘れることができません。

「・・・・・・・・・大丈夫だよ。年齢はそれほど気にしないから」

と言ってくれましたが、顔は非常に暗く、不安な顔をしていました。

私は、彼女が言ってくれた言葉を真に受けて、デート後にメールをしましたが、返事は2度ときませんでした。

 

今考えると、彼女は「ウソを言う人」と私のことを思い、返事をくれなかったと思います。

嫌いなタイプは「ウソを言う人・誠実じゃない人」と言っていたので・・・。

 

私はこの経験をして、相手を傷つけるだけではなく、自分も非常に嫌な気分になり、自己嫌悪になると学んだので、その後、年齢や年収にウソを書くことをやめました。

料理に関しては、「書いたからやってみよう」と思い、やってみたら楽しかったので「特技:料理」はそのままにしました(笑)

 

「ウソ」と「盛る」ことの違い

婚活サイトのプロフィールに書く「ウソ」と「盛る」ことの違いは・・・

私は「自己嫌悪」するかだと考えます。

 

あなたがプロフィールに多少「盛って」書くことは問題ありません。

ただ、そこに「自己嫌悪」があるのだとしたら、それはプロフィールを見てくれた女性に対して不誠実だとあなた自身が思っているからです。

 

そういわれても・・・

どこまで「盛って」いいのか判断できませんよね?

 

私が考える「盛っていい」範囲を参考にしてください。

 

年齢:正直に書く(1歳でもサバを読んだらウソになります)

年収:四捨五入の範囲なら問題なし(年収480万→年収500万)

写真:本人の写真なら問題なし(奇跡の1枚でもOK!)

趣味・特技:何も書いてもOK!(私のように本当に特技にしてしまえばいいから(笑))

 

この項目以外で不安に思う項目があったらコメントやメールで質問してくださいね^^v

 

【まとめ】婚活サイトの嘘プロフィール、読んだ相手を考えることが大切

なんとしても返事が欲しい、マッチングしたいという気持ちはわかります。

でも、あなたが検索をした女性がウソのプロフィールを載せていたとしたらどうでしょうか?

 

婚活をしている時間は貴重です。

ウソのプロフィールからメールのやり取りを続け、会ったときに写真とは全く違う女性だったら。。。

あなたは騙されたという気持ちと、そのウソのプロフィールを書いた女性に何日間も時間を無駄にしているのです。

これは、女性も同じことです。

 

それに、婚活サイトでの出会いで、「ウソ」を言う人間と思われてうまくいくはずがありませんよね?

本当に好きな人と出会った場合、「ウソ」のプロフィールから始まったら、非常に苦しいことになってしまいます。

 

あなたのプロフィールを読んでくれた相手のことを考えてみてください。

 

「ウソ」を書かなくても、興味をもってもらえるプロフィールは書けます!

コチラの記事を参考にしてくださいね^^

あわせて読みたい

[blogcard url=”https://achico.site/seikou-plofile”]

 

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメント