男性からのスキンシップを嫌がらない女性心理と自然なスキンシップの方法

男性からのスキンシップを嫌がらない女性心理と自然なスキンシップの方法

 

(更新日:2108年7月5日)

こんばんは、あちこ(@achi102jp)です。

女性とのスキンシップは二人の関係を急速に進展させるための非常に大切な行為です。

男性の場合は、女性からのスキンシップを嫌がる人はあまりいません。

女性から触れられると、「俺のこと好きなのかな?」と勘違いしてしまう男性も多いですね(笑)

 

逆に、女性が男性からのスキンシップを嫌がる人は多いです。

女性は好きでもない人に触られることを非常に嫌がります。

 

つまり、女性があなたに対してどういう感情を持っているかを知ることができる方法がスキンシップなんです!

今回は、スキンシップを嫌がらない女性の心理の説明と、自然にスキンシップができる方法をお話しします。

 

女性がスキンシップを嫌がらない相手とその理由とは?

女性は男性に対して、「触られても大丈夫か?」ということを直感的に判断します。

これは、子孫を残すという本能的な部分で、女性は無意識のうちに「この人に触られても大丈夫か?」を見極めているのです。

つまり、「触られたくない!」と直感的に判断され多場合、二人の関係は進展しません!

逆に、「触れられても大丈夫」と判断されたなら、あなたに対して恋愛感情を持つ可能性が非常に高いということになります。

 

女性がスキンシップを嫌がらない相手とは・・・

「恋愛対象に入っている男性」ということです。

 

恋愛対象に入っていない「男友達」に触れられることを、女性はかなり嫌がります。

その心理は、子孫を残す相手ではないと判断したら、触られたくないとなってしまうからなのです。

 

スキンシップを嫌がられない場合、あなたは女性の恋愛対象に入っているということになります。

 

と、言われても・・・

どうやってスキンシップを取ればいいのか分かりませんよね。

いきなり触ったりしたら嫌われるのは間違いありませんし、下手したら訴えられます。。。

 

自然な方法でスキンシップができる方法があります!

まずは、女性の「パーソナルスペース」を考えた、スキンシップの取り方を説明します。

女性の「パーソナルスペース」を理解することで、あなたが女性のどの位置にいればいいかがわかります。

食事をするときどこに座る?座った状態で自然にスキンシップ!
あなたが彼女の恋愛対象か判断も出来る方法です

女性の「パーソナルスペース」を考えると、どの位置にあなたが座ればいいのかがわかりますね。

正面に座ることは”対立”を意識させてしまいます。

デートで後ろに座るなんてヤツはいません!(笑)

つまり、横に座るのがベストです!

 

 

横に座るって・・・

カウンターがある店しか行けないじゃん!

それともテーブル席で片側だけに2人で座るの?

となってしまいますよね。

 

カウンターのお店があればいいですが、「高級な寿司屋」か「バー」に行くぐらいしかないです(笑)

初デートで行くにはもう少しオシャレで入りやすいお店に行きたいですよね。

 

「イタリアンレストラン」や「カフェ」によくある

正方形のテーブル円形のテーブルのある店を調べておくといいですよ。

上の図のような席でL字で彼女の斜め横に座ること。

この位置取りなら正面に座ることなく、不自然ではない座り方になります。

 

このような席のあるお店を調べておくという意味でも、下見をしておくことをおススメします。

過去記事に書いた「ミス」をすることもなくなります。
↓↓

 

女性の斜め前に座ることで、「パーソナルスペース」に横から入れます。

この時に肩や肘、足などが当たるぐらいの位置に行ければ最高です。

しかし、この時点では無理をせず、近い距離で会話や食事ができれば問題ありません。

無理に肘や肩があたるぐらいに近づこうとすると、通常、女性は距離を開けようと、離れられてしまいます。

 

女性のと会話が進み、お互いの緊張がほぐれてから「自然に当たる」ようになれば問題ありません。

自然に触れた時に、女性が嫌がったりしなければ、あなたは彼女の恋愛対象に入ってます!

 

食事中などは、無理に近づこうとせず、自然な感じでできる限り近くに座れば問題ありません。

無理して、無理やり触ったりしないように!!(笑)

 

初デートなのに自然で嫌がられない・・・
むしろ”優しい”と思われるスキンシップの取り方

スキンシップができた上で、”優しい人”と思われたら最高だと思いませんか?

そんな方法あるの?

と思いますよね。

 

非常に簡単な方法で、女性からは『この人、優しい人かも』と思われる方法があります。

 

歩道が狭い、もしくは歩道がない道をデート中に歩いてください。

※上記の写真のような道

 

その時、「彼女」が車道側を歩くようにしましょう。

その後すぐに、何も言わずにあなたが車道側に行き、

彼女の肩をそっと押して、車道とは反対側に彼女を移動させてください。

 

その後は何もなかったように会話をしてください。

きっと彼女は

「車が来たら危ないから私を歩道側にしてくれたんだ」と感じ、「優しい人」と思われます。

 

同時に軽いスキンシップもでき、彼女の反応であなたが「恋愛対象」に入っているかチェックできます。

 

この方法はかなり”効果”があります!

二人で歩いているときに「危ない」とまで気をつかう男性は少ないです。

他の男性より優しくて思いやりがある人と思われ「差別化」となり、女性からのポイントはかなり高くなります。

 

この時の注意点として、女性が触れられると嫌がる部分があります。

女性のパーソナルスペースを思い出してください。

女性は後ろ方向に対して「恐怖」をおぼえます。

後ろから手を回すとか、背中を押すということは絶対に避けましょう。

横から、そっと肩を押してあげることがポイントになります。

 

 

私も婚活中にこの方法を実践していました。

私の奥さんもこの方法で「優しい人」と思ったと言ってました(笑)

結婚してから「最近は車道側を歩かせるんだね!(怒)」と言われますが。。。

 

好きな人とのスキンシップを嫌がる女性はいない!
女性が嫌がっていなければスキンシップはOKです
手をつなぐのも初デートで問題ありません

印象が悪くならない場所に座ること。

彼女の「パーソナルスペース」に入ること。

この二つで、第一印象であなたが”恋愛対象外”になっていないことがわかります。

 

軽いスキンシップを取って、女性に嫌な態度を取られなければ

あなたは間違いなく”恋愛対象”に入っています。

 

その流れで帰りの道で「手をつなぐ」までいけます。

余裕があれば「積極的にアプローチ」してください。

※無理に手をつないだらダメですよ~(笑)

 

好きな人に触れられて嫌がる女性はいません。

触れられたいと思いスキンシップを喜びます。

 

メールでやり取りから、あなたと会うということになっているのなら、あなたに対して「好意」はあるということです。

会ったことで”恋愛対象外”にならないように心がけてください。

位置取りやスキンシップも大切ですが、一番大切なのは「会話」です。

 

 

会話の重要性は今まで何回も書いてきました。

婚活・恋活だけのスキルではなく

あなたの一生のスキルになります。

会話術を身につけて素晴らしい人生を手に入れてください。

 

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ