褒め上手な男になる!女性を”褒める”だけではダメ!褒め上手になる3つの方法

スポンサーリンク

 

あなたは女性を褒めてますか?

女性を”褒める”ってなかなか難しいですよね。

なんだか照れるし・・・恥ずかしい。

でも、モテる男は必ず褒めてます。

だから女性は”褒められる”ことに慣れてしまっています。

容姿やスタイルを褒める単純な言葉ではダメです。

女性が「キュン」とする上手な褒め方とはどうすればいいでしょう?

褒め上手に簡単になれる3つのポイントは?
彼女の内面・頑張り・努力を褒めると効果的!
単に「キレイ、カワイイ」は響かない。

「かわいいね」
「スタイルがいいね」

という外見を褒めることはみんなが言う言葉です。

特にキレイな女性はその言葉に慣れてしまっています。

「そんなことないよぉ~」などと否定はしますが、多くの男性から言われているので、まったく響きません!

そんな褒められることに慣れてしまっている女性にもひびく褒め上手になる方法とは。

 

POINT1 外見ではなく「内面」を褒める

「内面を褒める」

言葉で言うのは簡単ですが・・・

実際、何を褒めればいいんだよ!

そう思ってしまいますよね。

 

女性の性格的な部分を褒めてください。

・気配りが上手なところ。

・優しいところ。

・頑張り屋な部分。

この3つのどれかをタイミングよく褒めてあげると「胸キュン」してくれます。

他の人と比較して褒めると効果が高くなり、あなたの評価が急上昇です。

 

「あんまりそこまで気が付く人っていないよ。メッチャ気配りうまいね」

「すごい努力家だよね。男でもそこまで頑張ってるヤツ少ないよ」

 

POINT2 仕事や私生活での頑張りを褒める

仕事上で頑張っていることや私生活で頑張っていることを褒めるのは非常に効果が高く、どんなにキレイな女性でもその部分を褒める男性は少ないです。

仕事上では「チヤホヤ」されることはありますが、

褒められることは少ないです。特に女性は。

私生活も同じ。褒めてくれる人はほとんどいません。

同じ会社の女性じゃなくても「会話」から仕事や私生活(親、兄弟)のことは話題に上がります。

その時に、褒めることが出来ればあなたの株は急上昇です。

 

「結構、仕事遅くまで頑張ってるよね。すごいね。俺も見習わないとダメだね」

「妹思いの優しいお姉さんだね」

 

POINT3 外見を褒める場合は努力を褒める

容姿やスタイルなでの外見を褒める場合は

彼女が努力している部分を褒めてあげましょう!

髪型、ネイル、ファッション、持ち物、口紅、香水など。

女性はオシャレに敏感です。

デートするときは必ず髪型やファッションに気を使っています。

その努力した部分を褒めてあげるのが効果的。

 

「その髪型、かわいいし似合ってるね」

「その服、色がすごくいい!似合ってるよ」

 

※ファッションやネイルを褒める場合は、1日1回程度にしておきましょう!

  髪型を褒めて、服を褒めて、バッグを褒めて、ネイルを褒める・・・。

  「ゴマすり感」ハンパないっす。。。(笑)

 

外見やスタイルで判断する男は軽く見られる。
女性が持ってる個別なこと(性格、頑張り)を褒めることで「私だけを見てくれて人」と思われます。

女性を褒めるときに

女性が頑張っているところがどこだろう?

努力していることってなんだろう?

と探してみてください。

外見から見つけるもヨシ。

会話から見つけて褒めるのもOKです。

 

頑張りを理解してくれて褒められることを嫌がる人はいません。

「私のこと、ちゃんと見てくれる人」

あなたへの好意は上がります。

 

女性が「頑張っているところ」「努力している部分」を見つけると
その後に会話術の「2面性」に利用でき、あなたへの好感をさらに上昇させます。

2面性に関してはこちら↓

[blogcard url=”https://achico.site/kaiwa-2″]

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメント