婚活がうまくいかないときの思考方法

婚活がうまくいかないときの思考方法

婚活がうまくいかないことってよくありますよね。

 

●婚活サイトに登録したけど・・・
 いいなと思う人がいない(ピンとこない)

●メッセージを送ったけど・・・
 返事が来ない

●メールを何度か続けたら・・・
 なぜか返信がなくなってしまう

●女性と会ったけど・・・
 会った後に断られる(音信不通になる)

 

こんなことが続いたりすると凹みますし、
婚活をやめたくなりますよね?

そんな時、私が行っていた思考方法が有効です。

婚活に疲れたら考える2:6:2の法則

2:6:2の法則って知ってますか?

 

自然界の法則で、
2割が〇なら
正反対の2割が✖で
残りの6割が△という法則です。

 

会社の中で

デキる社員が2割なら
ダメな社員が2割で
普通の社員が6割。

ダメな社員をクビにしても
2:6:2の割合で
ダメな社員が生まれてしまうということです。

 

つまり、あなたの意見に賛成する人が2割程度いますが、
同じように反対する意見の人が2割いるといこと。

 

婚活サイトでも同じです!

自然界の法則には逆らえません。

 

2割の人はあなたと反対側にいる人。
あなたを嫌っている人ではありません。
あなたの意見と反対の意見を持った人。

6割はどっちでもいい。
どーでもいいと考える人。

 

うまくいかなかったら、
「俺と反対側の人」と思えばいいんです。

 

無理して反対側の人に好かれる必要はありません。

 

全員から好かれるのは無理なんです

 

うまくいかない理由:すべてに好かれようとするから疲れる

 

あなたは誰に好かれたいのですか?

 

 

あなたは誰の理解を得たいのですか?

 

 

すべての人に好かれたいの?

 

すべてから理解されたいの?

 

 

すべての人から好かれるのは無理です。
すべてから「あなた」が理解されるのは無理です。

 

婚活は一人の女性から好かれ、理解を得られればそれでいいんです。

 

あなたを「好き」になり、「理解」してくれる女性は必ず存在します。

 

1人や2人から「好かれなくても」「理解されなくても」

日本国内の20代・30代の未婚女性は

683万人!

※過去記事参照

出会うための秘訣。良い出会いのための思考法

 

 

1/6,830,000と合わないだけです。

683万人分の1の人にあなたの貴重な時間をどれだけ掛けますか?

 

人生が80年だとしたら、
あなたの人生の時間は70万時間しかありません。

一人に1時間を使っても70万人しかつかえません。
※0歳から1人に1時間を使用したとしてもです!

 

あなたが今現在、婚活をしている時間は非常に貴重です。

あなたと合わない反対側の2割の人に時間をかけてはもったいないです。

 

【まとめ】本当に星の数ほどいる

人間ってすごく多いんです。

 

あなたの住む地域にも多くの未婚女性がいます。

その人数は毎年、結婚適齢期に訪れます(笑)

もちろん卒業していく女性もいますが・・・

新たな出会いが毎年・毎月・毎日訪れるんです。

 

こんなにたくさんの女性がいたら、
「俺の時間が足りないよ~」

ぐらいに考えてください。

あなたを理解して好きになってくれる
運命のパートナーは必ず現れます。

 

追伸

出会った女性がどんな人だとしても
あなたの人生にかかわった人です。
「出会ってくれてありがとう」という気持ちで感謝してください。

 

この気持ちを持つことで「余裕と自信」が付きます。
実践してみてください。

 

 

婚活で疲れたらいつでも相談してください。

婚活って他の人に相談しにくいものなので。

 

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

当ブログの「目次」ページです。

【目次】結婚までの道しるべ

あなたの婚活に役立ててください。