初対面での会話の重要性 恋愛における成功する会話術

初対面での会話の重要性 恋愛における成功する会話術

 

初対面でうまく話が出来ない、

女性の前だと緊張してしまう。

慣れてこないと、なかなか会話って続かないですよね。

慣れたとしても好印象になる会話方法ってなかなか難しいです。

 

女性と会った時、あなたはどんな会話をしますか?

恋愛感情になってもらえる会話術があります。

それは・・・

女性の恋愛感情を動かす会話テクニックは?
聞き役は絶対ダメ!女性との会話で重要なことは・・・
「質問」と「2面性」で恋愛感情になる!

「質問」と「2面性」です。

「質問」に関しては、過去記事に書きましたが、会話でも使えます。

過去記事はこちら↓


メールのやり取りを続けてきた相手なら、質問をすることは
そんなに難しいことではないはずです。

メールで話してたことを掘り下げていけばいいだけです。
「趣味」「好きな本・映画」など

そこから会話は発展していきます。

 

でも、しばらくすると会話が続かない・・・
なんてこともあります。

そんなときはどうしたらいいか。

 

メールでやり取りしている中で、
あまり掘り下げて聞いていない話題を「質問」してみてください。

掘り下げていないことを質問すると、

「そんなことも覚えてくれてるんだ」って思ってもらえます。

 

たとえば、メールで休日の過ごし方の話をさらっとしていたとしたら

「休日は家にいることが多いってメールで書いてたけど、
 家では何して過ごしてるの?」

「家で猫飼ってるから、一緒にだらだら過ごしてるよ」

猫の話題を掘り下げちゃいましょう!

 

 

掘り下げる話題がない返事だった場合は、

話題を作っちゃえばいいんです!

「休日は家にいることが多いってメールで書いてたけど、
 家では何して過ごしてるの?」

「え、だらだらしてるだけ」

「あ、俺もだらだらするの好き。音楽聴いたり、映画見ながらだらだら過ごすのって楽しいよね」

「音楽はどんな音楽聴いたりする?」

「だらだらしてるだけ」って返事はあまり初対面ではないと思いますが(笑)

 

相手が「ネタ」を振ってくれたら、掘り下げる。

「ネタ」を振ってくれなかったら、あなたが共感して、「ネタ」を振る。

そうすると会話が続きます。

 

「2面性」は

相手が明るい女性なら、

「すごく明るい感じだよね。すごく楽しくなるよ」
「でも、明るい人って、無理しちゃうでしょ。無理とかしなくていいからね」

「すごく落ち着いた感じだね。一緒にいて、癒される」
「でも、楽しいときとか、わがままとか言ってね」

相手の外面から伝わることと反対のことを言ってみてください。

明るい気分の時もあれば、暗く落ち込むことは誰にだってあります。

だから、「反対のことを伝える」ことで、

「この人、私のこと理解してくれてる」

となります。

 

慣れないと、はずかしいですけど、
すこし勇気を出して言ってみてください。

効果はかなりあります。

 

会話しているときのあなたの視線や態度も重要!
女性を「ドキドキ」させればあなたのことを「気になる存在」として認識する。

目を合わせることで、相手はあなたを信頼し、安心してもらえます。

この時のポイントは、

目を合わせる時間が長いより、

目を合わせる回数を多くする

 

目を合わせるのが苦手だったりしたら、

眉毛をみてください。

相手は、あなたと目が合ったと思いますので。

目をずっと見るより、

偶然、目が合った感を出した方が、

女性はドキドキしてくれます。

 

その時、「笑顔」はマストです!(笑)

 

 

【まとめ】相手を想う気持ちと偶然性
質問+2面性+笑顔(ドキドキ)を与えてさらに・・・
偶然性は+αの効果がすごい!

あなたが婚活サイトでやり取りしている人と初めて会うとき、

「どんな話をしよう」

「何を質問しよう」

といろいろと考えると思います。

 

今までのメールやLINEのやり取りを見直して、

質問出来そうなことを準備してください。

細かい部分を覚えていると女性に伝われば

「私のことを想ってくれてる」

と感じてくれます。

 

「質問」+「2面性」+「笑顔」だけでも十分ですが、

プラスαとして・・・

女性は偶然が好きなんです!(笑)

偶然、目が合った、しぐさが同じだった(ミラー効果)に

ドキドキしてくれます。

ドキドキすると恋をしたと思ってくれます。

 

ミラー効果など「好かれるポイント」の記事はこちら↓


追伸

当ブログの無料オリジナルコンテンツです。

婚活サイトにおける成功した方法を書いてます。

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ