実はバツ2 バツ2の理由を公開します

実はバツ2 バツ2の理由を公開します

 

実は、私・・・”バツ”が2つ付いてます。

戸籍に本当に✖が書かれるから「バツイチ」「バツニ」と言われるんですね。(笑)
私の戸籍はバツが2つ・・・

 

 

結婚を3回しているわけではありませんし、
嘘を言っていた訳でもありません。

結婚した人は、2人です。

今の奥さんと離婚した訳でもありません(汗)

 

でも、バツ2なんです。。。

その理由は?

 

前の奥さんとの離婚が2回

 

同じ人と2回離婚した・・・ということです。

単純です(笑)

 

前の奥さんと復縁をしたってことですね。

 

離婚原因の記事はこちら↓


離婚原因の記事にも書きましたが、
元奥さんとは付き合っているときから
喧嘩の絶えない日々でした。

結婚してもその喧嘩は少なくなるどころか、
どんどん多くなっていきました。

 

結婚して1年経過した頃にすごく大きな喧嘩をしました。
(ぶっちゃけ、喧嘩の原因はもう覚えてません。笑)

 

その時に家庭内別居の状態から、実際に別居を1か月程度しました。

その時は、私が姉の家に1か月間住んでいました。

 

別居中にお互いにいろいろと考えましたが、

やっぱり続けていけない。

努力しても、どうにもならない。

別れるしかない!

と考えていて、ケンカばかりの生活に戻ることは耐えられない!

そう思っていました。

 

別居していた時に元奥さんと一度だけ話し合いをしましたが、

「やっぱり無理だよね」

とお互いに確認し、離婚に至りました。

 

後日、離婚届けを書いて「離婚協議書」まで作成して

役所に提出しました。

晴れてバツイチです(笑)

 

元奥さんと復縁に至ったキッカケ

お互いに納得して「離婚」をしたつもりでいました。

しかし、私の気持ちがグラグラと揺れていて、

 

「本当にこれでいいのか?」

「好きな人だから、付き合って結婚したんじゃないのか?」

「もっと努力できるんじゃないか?」

「子供ができたらお互いが優しくなれるかも」

「向こうも今ごろいろいろと悩んでるかも」

 

一人になるとこんなことばかりを考えるようになり、
心が押しつぶされていく状況に追い込まれていました。

たぶん、元奥さんのことを「好き」という気持ちが
残っていたのだと思います。

 

その反面、

「もとに戻ったとしても、同じことの繰り返しになる」

「お互いに好きっていう感情はなくなってしまっている」

「そもそもエッチがほとんどない状況で、子供ができるはずがない」

「離婚してまだ1週間ほどしかたってないのに、復縁とか無理」

精神が不安定の状況で、正直少し病んでいたと思います。

完全に参ってました。

 

仕事もあまり手につかず、
暗い顔をして毎日を過ごしていたと思います。

 

そんなときに、姉から言われた言葉が、

「そんな状態になるなら、もう一度ちゃんと話をしてきなさい!」

と叱られ、元奥さんともう一度だけ話し合うことになりました。

 

話し合った結果、

「たった1年で離婚となるのはお互いに嫌だ」

と意見が一致しました。

お互いにもっと努力をすればやり直せると信じて復縁しました。

 

今考えると、

お互いが多くの努力をしなければ続かない夫婦関係には無理があります。

【まとめ】あなたが結婚に求めることは?

結婚して二人で生活を重ねていくには「努力」は重要で、必要な事です。

 

しかし、お互いに多すぎる「努力」を続けるのは無理があります。

多すぎる努力は必ず息切れしていまい「もう無理だ」となります。

 

そうならないために、

あなたが相手に求めることは何か?

譲れない1つや2つのことは何か?

このことを結婚する相手としっかりと話しておきましょう。

 

相手の「求めること」と「譲れないこと」も聞き、
お互いに妥協できるラインの話をしておくことが重要です。

 

「求めること」「譲れないこと」「妥協点」を決めることが重要なのではありません!

 

話し合いをするうえで大切なこと・・・

お互いにしっかりと向き合って話し合うこと。

 

あなたは、これから結婚に向け行動していくと思います。

 

運命のパートナーと出会って結婚を決めるときが来ます。

その時、自分の事と同じように相手のことも考え、話し合ってください。

 

必ず素敵なパートナーと出会えます。

 

離婚した日の思い出(?)はこちら↓

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

======================
ご意見や感想を頂けたら嬉しいです。

また、管理人に聞きたいこと、相談したいこと、

婚活や離婚の悩みなどでもいいので、
「お問い合わせ」や「コメント」をお願いします

真剣に私がお答えさせていただきます。

よろしくお願いします。

======================