あなたの好意をさりげなく女性に伝える具体的な方法!

あなたの好意をさりげなく女性に伝える具体的な方法!

 

こんばんは、あちこ(@achi102jp)です。

婚活サイトで、出会った女性にあなたの好意を伝える方法を知ってますか?

「好きです!」といきなり言ってもダメ!

間違いなくフラれます(笑)

 

さりげなく、あなたの好意を伝えることで、女性もあなたを気になるようになってきます。

これを心理学で「好意の返報性」といいます。

 

今回は、好意の返報性のテクニックを具体的に教えるので、最後まで読んでくださいね。

女性から好きになってもらうには、まず、「気になる存在」になる必要があります。

 

婚活サイトに登録する前に知った心理学テクニック「好意の返報性」

私が離婚直後に取った”最初の行動”は・・・婚活サイトへの登録ではありませんでした。

では、はじめの一歩は何だったのか?

それは、街コンへの参加です。

結果的には完全な失敗でしたけどね(笑)

なぜなら・・・女性と個人的にお付き合いをすることには繋がらなかったからです。

というか、友達にもなれませんでした。。。(涙)

街コンに参加しても、コミュ力が低い私は会話が思うようにできず、緊張ばかりしていたので、当然の結果だと思います^^;

 

 

その街コンへの参加で、何も得ることがなかったのか?

というと、そういうわけではありません!

今後、私が婚活サイトに登録して活動していくうえで、非常に役にたったことがあります。

それが、今日のテーマである「好意の返報性」です。

 

街コンへの参加で学べた「好意の返報性」とは?

コミュ力が低い私が、なぜ街コンなんかに参加したのか・・・

それは、友達に誘われたから。。。という単純な理由です(笑)

ただ、友達と一緒に街コンへ参加したのは1回だけ。

その後、数回は一人で参加しています。

自分自身、変わらなければ!という考えで行動をしていました。

 

そんな街コンへの参加では、女性とはまったく仲良くなれず、成果というものは”ゼロ”でした。

通常なら凹んでしまい、再婚への道をあきらめてしまってもおかしくない状況でしたが・・・

その頃は異常にポジティブでした(笑)

元奥さんに対する悔しさから「絶対に幸せになってやる!」「絶対に変わってやる!」という気持ちで行動したおかげ(?)です(笑)

ちなみに、離婚原因はこちらに書いてますので、興味があったら読んでみてください。

 

そんな私が街コンへの参加で学べたことは、初めて会う人との複数人でのコミュニケーションです。

その中で、私が意識していたことは3つです。

【意識して学んだこと】

 ① 複数の人と会うことによって、周りで話をしている人の会話を広く聞くこと。

 ② 相手の話に同調し、相槌を入れること(興味がある感じで聞く)

 ③ 自分が話をするタイミング(相手の話の流れを切らない)

特に①と②は非常に大事なスキルです!

女性が他の参加男性と会話をしているときに、女性が話している内容を広く聞き、相手の女性の会話に同調する

そして、その女性が話していた会話の内容について「質問」をして会話を広げるというテクニックです。

その時は、会話をすることに必死だったから、女性との会話で話題が途切れないための方法でした。

しかし、このテクニックが「好意の返報性」ということを後で知りました(笑)

 

この方法が、なぜ「好意の返報性」なのか?

それは、相手の女性が他の男性と話している内容を聞いて、覚えているという行動って、その女性に興味があるからする行動なんです。

つまり、相手の女性に興味があると思わせる行動をして、女性にアピールすることが「好意の返報性」です。

 

 

あなたの行動で相手の女性に「好意があります」と伝える(気づかせる)

あなたの行動で「好意があります」と伝える。

もちろん、言葉で伝えたらダメです!

「好きです」「興味があります」

と直接、言葉で伝えたら、気持ち悪がられます(笑)

 

では、どうしたらあなたの気持ちがさりげなく伝わるのか?

興味がある相手に対してする行動をしてあげればいいだけです。

と言っても、よくわかりませんよね。

 

具体的に、どんな行動をしたらいいのか。

それは、あなたが友達と趣味の話をした後に、女性から

「〇〇さんは〇〇が好きなんですか?」

「さっき話してたのが聞こえたから・・・」

と、話しかけられたら、うれしいと感じちゃいますよね。

男は単純なので、これだけで「俺のこと好きなのかな?」なんて思ってしまう人もいるぐらいです(笑)

 

「俺のこと好きなのかな?」とまでは思わないとしても、「少しは興味もってくれているのかな?」ぐらいは思ってしまいます。

この気持ちになるのは、女性も同じです!

 

周りで会話している女性の話題を聞いて、覚えておく。

その話題に興味があります!と伝え、それをきっかけに話しかける。

女性が話していた内容に興味がなくても問題ありません。

興味があるふりをして、会話すればイイんです!(笑)

 

この方法を使うことで、「私に興味があるのかな?」と思わせることができます。

「興味」や「好意」があることをさりげなく伝えることで、あなたは女性の「気になる存在」になることができます。

「気になる存在」になれれば、次のデートにも誘いやすくなります。

 

この方法が「好意の返報性」です。

好意を伝えられたら、同じように「好意を返したい」と思う心理学テクニックです。

 

次に女性と会う時までに「調べる」ことで、さらに好意を伝えられる!

 

次に会うまでに、相手の女性が興味を持っていることをググって調べる。

会った時にググって調べたことを話す。

「知らなかったから調べてみた」と正直に伝える。

「私が興味を持ってることをわざわざ調べてくれた」

「うれしい!」


単純な方法ですよね?

たったこれだけで、女性はさらにあなたのことを気にするようになってくれます。

なぜなら、

『私の好きなことをわざわざ調べてくれた』思わせるために、「調べたことを相手に伝える」ということで

「あなたに興味があります」

「あなたに好意を寄せています」

と伝えていることと同じです。

 

この方法で伝えれば、気持ち悪がられません(笑)

 

【まとめ】あなたが女性に好意を伝えれば「好意」を返してくれる

 

いかがでしたか?

今回、実際に会って会話をしている状況での具体的な行動や会話を買いましたが、実はこの方法、婚活サイトのメールでも非常に効果があります。

好意を伝えるのは会話や行動だけではありません。

メールやLINEで伝えることもできます。

 

その方法で、実際に会う前に「女性の気になる存在」になってしまえば、好きになってもらうのは簡単なことです。

 

 

ブログランキング
応援よろしくお願いします。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ